ドッグニュース

犬に関するニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本初のセラピードッグが静岡県立こども病院で誕生した背景



ノンフィクション『ベイリー、大好き セラピードッグと小児病院のこどもたち』(小学館刊)が出版されるなど、いま話題を集めているセラピードッグ。その日本初のセラピードッグとなったベイリーがいるのが、静岡県立こども病院だ。
小春日和の穏やかな空が広がる昼過ぎ。白い毛並みの犬が、いつものようにハンドラーの森田優子さん(30才)と一緒に病院にやってくる。

「ベイリー、いらっしゃい!」

ナースステーションから看護師さんたちの明るい声がかけられるなか、ふさふさとしたしっぽを左右に振りながら、ベイリーは悠然とした足どりで廊下を進む。そして病棟の子供たちがみんなで遊ぶプレイルームにはいると、ベイリーはごろんと横たわる。たちまちパジャマ姿の子供たちが集まってきた。てんでにベイリーの顔や背中、しっぽ、足の裏をさわるが、ベイリーはまるでたじろがない。

(もっと、もっとさわってよ)

そういっているかのようだ。そんなベイリーに、子供たちのどの顔も、病気を忘れたかのように柔和になる。ベイリーは、ゴールデン・レトリーバー種のオスで、まもなく4才。オーストラリア生まれで、ハワイのトレーニングセンターで特別な訓練を受けて育てられたセラピードッグだ。

セラピードッグとは、体や心の病気、けがをした人たちの立ち直りをサポートするために、病院や診療所などで活動する犬のこと。盲導犬や介助犬などとともに、その活躍が最近、注目されつつある。

ベイリーが初めてハンドラーの森田さんと出会ったのは、2年前の2009年11月のこと。森田さんはそれまで、東京の大きな小児病院で看護師として働いていた。

「病棟で目にした子供たちの闘病生活は、想像した以上に過酷で厳しいものでした。治療に伴う恐怖や痛みなど、さまざまな試練を小さな体で耐え続けなければなりません。

日ごとに表情をなくしていく子供たちに、せめて笑顔を取り戻させてあげたい。そんな気持ちが募るようになったとき、ハンドラーにならないかという誘いを受けたんです」(森田さん)

ハンドラーというのは、トレーナーとしてセラピードッグと行動をともにし、アニマルセラピーに携わる人のこと。森田さんは迷うことなくこの道に進むことを決め、5年間の看護師生活に別れを告げた。ハワイのトレーニングセンターで研修を受けていた森田さんの元に、嬉しい知らせが届いた。

「病院にセラピードッグを常駐させる」――日本で初めてのこの試みに、静岡県立こども病院が賛同したというのだ。
研修終了を待たずに、ハワイから国際電話をかけ、森田さんは静岡市内にマンションを借りた。そしてベイリーとともに帰国。新しい一歩を踏み出したのだった。森田さんは、静岡県立こども病院で日々、ベイリーと子供たちと過ごしている。

※女性セブン2011年11月24日号
NEWSポストセブン

犬のブログを探すなら  →犬やペットのブログランキング
スポンサーサイト
  1. 2011/11/14(月) 14:11:51|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

今年も登場。スリードッグベーカリーの数量限定おせち


2007年12月10日~12月25日
「スリードッグベーカリー 2008年犬用おせち」 予約受付

株式会社 リオ横山が運営するスリードッグベーカリーが、「スリードッグベーカリー 2008年犬用おせち」を発売する。

スリードッグベーカリー 2008年犬用おせち昨年に引き続き今年も登場するスリードッグベーカリーの「2008年犬用おせち」。

スリードッグベーカリー成城店では、「スリードッグベーカリー 2008年犬用おせち」の予約・受け渡し期間を発表した。

今年(2007年)の「スリードッグベーカリー 2008年犬用おせち」は、数量限定販売となり、店頭での受け渡しのみ。

お重の中には、ねずみ年の2008年にちなんで作られたねずみを描いたケーキが飾られ、他にタルトやクッキーなどが詰め込まれている。

>> 「スリードッグベーカリー 2008年犬用おせち」 詳細

また現在スリードッグベーカリーでは、「数量限定!!QUEENスペシャル福袋2008」の予約を受付中。

リバーシブル中綿ベストやパーカー、ベッドなどの他、カラー&リードのセットやお散歩バッグなど、福袋のためだけに作られた完全限定の品が入っている。

>> 「数量限定!!QUEENスペシャル福袋2008」 詳細


スリードッグベーカリー成城店 スリードッグベーカリー 2008年犬用おせち

・ スリードッグベーカリー

・ スリードッグベーカリー成城店







犬のホームページの検索サイト* DOGS site SEARCH *

犬のブログを探すなら  →犬やペットのブログランキング
  1. 2007/12/05(水) 09:29:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

13億円相続犬、逃避行…脅迫続発かなワン



 3日付の米ニューヨーク・ポスト紙は、大富豪の飼い主から遺産1200万ドル(約13億円)を相続した愛犬のマルチーズ「トラブル」が、誘拐や殺害の脅迫を受け、約2か月前に自家用ジェット機でコネティカット州からフロリダ州に避難したと報じた。脅迫状は、8月に飼い主で「ホテル女王」と呼ばれたレオナ・ヘルムズリーさんが死去した直後から届き始めた。トラブルには、だれかれ構わずかみつく癖があり、“敵”は数え切れないほどいたという。

 13億円を相続したセレブ犬・トラブルが、殺害や誘拐の脅迫を受けるトラブルに巻き込まれた。

 トラブルの遺産を管理しているジョン・コーディ氏によると、飼い主のヘルムズリーさんが死亡した8月以降、トラブルへの脅迫が約20件相次いだ。そのため約2か月前、コネティカット州にある28部屋の豪邸から、プライベートジェットで1200キロ離れたフロリダ州に避難。その際、トラブルは偽名を使い、警備チームに守られる厳戒態勢が敷かれた。

 現在のトラブルの居場所は公表されていないが、フロリダの温暖な気候の下、24時間警備で悠々自適の生活を送っているという。警備費、医療費、美容室代のほか、お抱えシェフによる食事代など、生活費は年間30万ドル(約3300万円)に上るという。

 脅迫犯の正体は現時点では分かっていない。しかし、トラブルは気性が荒く誰にでもかみつく悪癖があったため、恨みをもつ“敵”は多いとされている。

 ヘルムズリーさんは、亡夫とともにニューヨークで高級ホテルチェーンを経営し、一大不動産帝国を築き上げた。1988年には脱税の罪で実刑判決を受け、92年に収監されるなど“トラブル”もつきなかった。

 しかし今年8月、コネティカット州の別荘で、心不全のため87歳で死亡。公開された遺言には、推定40億ドル(約4400億円)の資産のうち、トラブルに1200万ドルを贈ると記されていた。

 ヘルムズリーさんには、4人の孫がいた。うち2人に、夫の墓参りにいくことを条件に500万ドル(5億5000万円)を贈ったが、残り2人は全く遺産相続がなかった。

 トラブルが死亡した場合の遺産の残額は、ヘルムズリーさんの遺産の大半を基に設立された慈善基金に引き継がれることになっている。またヘルムズリーさんは、トラブルが死亡した場合は、自身と夫の傍らに埋葬するよう遺言に残している。

犬のホームページの検索サイト* DOGS site SEARCH *

犬のブログを探すなら  →犬やペットのブログランキング
  1. 2007/12/05(水) 09:21:42|
  2. 事件・事故
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この犬達の命を救ってほしい 放ったらかしの46匹の運命



7b1ada7a92de842f58a9_l.jpgひどい状態だった犬を保護団体の人が連れて帰ったのだが、お腹がパンパンにはれていたため、病院に連れて行くと、重症のフィラリアになっており、お腹にたまった水を抜くと、3リットルにもなったそうだ。

 この多くの犬を飼っている姉妹は、捨て犬などを拾って飼い始めた。だが、狂犬病の予防接種は受けさせていない上、避妊手術もしていないので、犬の数は増え続け、46匹となった。近くを通ると相当な悪臭を放っていて、スクールゾーンにもなっているため、近所の人は困っている。

 ワイドショーなどをきっかけに、徳島県内の動物保護団体が、46匹を救う活動を始めている。実は、徳島県は犬猫の殺処分数が、全国ワースト3位なのだ(2005年度調べ)。人口80万人足らずの県にもかかわらず、である。この動物保護団体HEART(ハート)は、この現状を憂い、2007年9月から捨てられた犬の里親探しなどの活動を始めていた。そして、46匹という大量の犬の運命を救うべく立ち上がった。

 重症のフィラリアをわずらった犬がいるように、ほかの犬たちも病気にかかっている可能性がある。そのため、保護した後に病気の治療や避妊手術、予防接種などをして、里親探しをと考えているが、そう簡単ではない。

 まず、治療や避妊手術などに少なくとも100万円の費用がかかると見られる。それに保護している間のエサ代も必要だ。また大きな問題も浮上している。この犬たちを飼っている場所は、飼い主の姉妹が知人から借りている土地。この問題がワイドショーに取り上げられてから、立ち退きを迫られるようになった。数カ月以内には、立ち退かなければならない。なので、この犬たちの移動先の土地もしくは、一時的に預かってくれたり、世話をしてくれる人も必要だ。

 ちょうど1年くらい前、同じく徳島県で、ワイドショーを賑わした犬がいる。映画『眉山』のモチーフになった眉山の崖で、1匹の犬が取り残され、消防のレスキューが出動して救出され全国放送となった「崖っぷち犬」である。崖っぷちの取り残された可哀想な野良犬を、全国のお茶の間の人たちがこぞって、あの犬の無事を祈り、救出劇に感動したはずだ。あの犬は、今では申し出のあった人に飼われ幸せに暮らしている。あの犬も46匹の犬たちも同じかけがえのない命なのだ。

 少しでも関心を持って、できる範囲で何か支援したいという方はぜひとも、HEART(ハート)のウェブサイトを見てほしい。ハートの電話連絡先は088-635-5558。

犬のホームページの検索サイト* DOGS site SEARCH *

犬のブログを探すなら  →犬やペットのブログランキング
  1. 2007/12/02(日) 21:01:20|
  2. 動物愛護
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

動物用医薬品 無許可販売で5人逮捕



 国の承認を得ていない動物用の医薬品を無許可で製造販売したとして、小矢部市の動物薬品会社の社長ら5人が薬事法違反の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは小矢部市小森谷のシゲタ動物薬品工業、社長、西尾義行容疑者(57歳)ら役員と従業員合わせて5人です。

 県警本部によりますと、西尾容疑者らは、平成17年4月から5月頃までに愛知県内などの動物病院3ヶ所に農林水産省の承認を得ていない犬用血液型判定薬を無許可で販売した疑いがもたれています。

 この犬用血液型判定薬はシゲタ動物薬品工業で製造し、7万8000円で販売していたということですが、西尾容疑者らは容疑を否認しています。

 この事件は農林水産省が再三会社に対し行政指導したものの、改善されなかったため、去年2月に告発したもので、県警本部と小矢部警察署、南砺警察署が合同捜査本部を立ち上げ捜査を進めていました。

 警察では、今後、動機などについて調べを進めることにしています。

犬のホームページの検索サイト* DOGS site SEARCH *

犬のブログを探すなら  →犬やペットのブログランキング
  1. 2007/12/02(日) 11:22:09|
  2. 事件・事故
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。